お得に使おう!UQモバイルで無駄が省ける!

【介護保険】要介護認定の申請方法とケアマネとの連携。早めに行動して時間を稼ごう。

yogaをする女性介護
この記事は約4分で読めます。

入院に手術、そしてリハビリ病院に転院。やっと退院許可がでて退院しました。詳細はこちら>>折りたたみ式歩行器 前輪キャスター付 を買いました。

退院後すぐに介護保険を利用し、サービスを選択するために関係機関との連携は欠かせません。

病院側のソーシャルワーカーがしっかりと教えてくれればいいんですが、その存在がわからない場合の申請はこの記事をみて早めに動いてくださいね。

スポンサーリンク




介護保険制度の利用と申請

通常生活を送っている間は、特に気にも留めない保険関係の内容。いざ必要になったときに、どこにどう申請するのかわからないことばかりです。

もちろん居住地の市区町村へ申請するのですが、早め早めに動かれることをおすすめします。

というのはなかなか順番が回ってこないというのと、要介護認定の判定に時間がかかること、そして判断基準が厳しいので、退院してからよりも入院中の方が、お医者さんの意見や看護師の意見なども聞くことができ、認定する側も客観的な書類を作成し易いからです。

要介護申請結果は?

介護保険の要介護の認定を申請していたんですが、その結果が出ました。

認定結果

「要介護3」ということでした。 理由:日常生活において、全部の介助が必要な状態であるため。

結果がでるまで予定通り約一ヶ月かかりましたが、手術・退院⇒リハビリ施設へ入院の間にひとまずの結果が出てくれて助かりました。

ここからケアマネージャーを選定依頼して、退院日が決定すれば介護サービス原案を作成してもらいます。
それで良ければ、支援事業者と契約し、ケアプランを正式に確定し、利用者として契約します。
これだけのことをしなければなりません。

スポンサーリンク

居宅介護支援事業者の選び方

まず、居宅介護支援事業者を選ぶのに迷うと思います。
事業者の連絡先がペーパー2枚の両面にびっしり書かれた資料を渡され、その中から選択するのですが、まずどう選べば良いかがわかりません。
条件を整理しながら一つ一つ、

  1. 住所が近いところ
  2. 介助人員のいるところ
  3. 日時変更に対応してくれるところ

など、自分の生活との折り合いをつけやすいことを前提に考えていきました。

結局、地域の統括センターに連絡し、紹介してもらいました。この方法が一番手っ取り早いかなと考えます。
この選定作業も時間がかかりそうなので、まだリハビリ施設にいる段階で動けて良かったなと、今思えばそのように思います。 
早め早めの対応で時間を稼ぎましょう!!

スポンサーリンク

介護保険サービス利用の手順

介護が必要かどうかわからない。その状態のときに申請しておきましょう

我が家の場合も本人は大丈夫と言っても、周りから見れば苦しそうでした。
結果的に申請して正解でした。一緒に暮らしていない場合は特に迷うことなく申請しましょう。

申請のポイント

①申請 本人または家族が申請。できない場合は、成年後見人、地域包括支援センター、または省令で定められた指定居宅介護支援事業者や介護保険施設などに代行を頼むことができます。

②認定調査 認定調査員が聞き取り調査に来ます。主治医の意見書も必要になります。主治医がいない場合は、その地域連合の指定した医師が診断します。

③認定結果の通知 要介護1から5要支援1から2非該当 の状態区分にわけられます。

④ケアプラン作成 

 要介護1から5と認定 在宅か施設かどちらのサービスを選ぶかを決め、それぞれのサービス計画を作成してもらいます。

 要支援1・2と認定された人は、地域包括支援センター職員が介護予防サービス計画を作成します。

⑤サービス内容が決定すれば、事業者や施設と契約をしてサービスを受けます

ケアプランに基づいた利用者負担は1割か2割です。

忘れてはならないのは、認定の有効期限は12ヶ月となっていますので、引き続きサービスを利用したい場合は、有効期間満了前に更新または変更の申請をしましょう。

この延長申請は日頃介護してもらっているケアセンターに言えば、更新手続きは取ってもらえまますので安心してください。

ここで民間の保険に入っておられる方は、入院医療の保険申請もされると思いますが、なかなか「降りない!!」場合があります。親世代の保険は専門家を交えて整理・見直しをしていくべきですが、自分の入っている保険の見直しもされたほうがいいです。

いざという時に役に立たなければ、全く意味がありません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

本当に申請のタイミングが大切になってきます。申請者は多いけれども、認定する側は変わりませんからなかなか順番が回ってこない場合があります。
少なくとも、利用を考えている1ヶ月前には申請手続きを終えておくのがベストです。
個人的に言えば、あっという間の3ヶ月でした(笑)。慣れないことばかりでしたが、流れに上手く乗れたかなともいます。
それもこれも「早めに動いてくださいね」、とアドバイスをくれたソーシャルワーカーさんのおかげでした。
みなさんも早めに申請して、あとはゆっくりと患者の回復を待つぐらいの神経でいましょう!

 

介護に興味を持たれた方は!

かいご畑では介護資格取得からできます!

かいご畑

ますます重要になってくる資格であり職種です!興味がある方はドンドン勉強しましょう!!

コチラもどうぞ!

現場で必要になる資格は?>>介護資格!求人多数の現場で働くのに必要な資格の数々!

タイトルとURLをコピーしました