お得に使おう!UQモバイルで無駄が省ける!

Win7からWin10に無償アップグレード。2019年10月31日無事成功したよ!

win10
この記事は約4分で読めます。
win10 へ無料アップグレード

いよいよ2020年1月でWin7の更新プログラムの配布が終わってしまいます。つまり、それ以降はコンピューターを最新のウィルスから守ることができなくなってしまいます。

では、急いでWin10に買い換えなくてはならないのでしょうか?
私はデスクトップPCをWin10に買い換える前に、操作に慣れるのとソフトの相性を見るために、ラップトップパソコンを一つ購入しました。
ちょうど買おうと考えていた機種があったことも後押ししました。

もしそのような考えがなければ、いきなり買い換えるのではなく、無償アップグレードができないか確認してみましょう。

公には、2017年いっぱいで無料アップグレードは終了しています。
ああ、じゃあもう無理かあ、、、。
となってしまいますが、なんとまだ(2019年10月31日)無償アップグレードが問題なく可能になっています

スポンサーリンク




過去に一度もWin10にアップグレードしていなくても無料でできます!

条件の一つに「過去にWin10にアップグレードしたことがあること」があったのですがこれは関係ないようでした。
何を隠そう私がそうでしたから。

そんな私も一つだけ準備したことがあります。もともと使っていたものは、Win7 64ビット・corei5-3550 3.30GHzでメモリが8ギガしか積んでいませんでした。
たまに厳しい時があったので、16ギガに積み直しました。
前段階でしたことはこれくらいですね。

cpu-z 16gDDR3
8ギガから16ギガに増量
Win7SP1データ
もちろんライセンス認証済み
DDR3の8ギガ×2
DDR-3 8g×2

後はほんとに簡単でした。
一応バックアップはとっておきましたが、なんの不具合も出ずにWin7で使っていたソフトすべて、そのまま使用できる状態でWin10にアップグレードしました。
こんなことならもっと早くしておくべきでしたね(笑)

スポンサーリンク

Win10の無償アップグレードをしよう!

まずはシステム要件の確認

これはWin7であるならその要件を超えていますので問題ないでしょう。

Win10のISOファイルをダウンロード

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード こちらからダウンロードしましょう。
ダウンロードすれば、クリックして起動しましょう。
(使用している以外の他のPCをアップグレードするなら、USBにダウンロードして起動させましょう)。
あとは待つだけです。自動的に進んでくれます。

利用規約をクリックして進みましょう。

利用規約をクリックして、「このPCを今すぐアップグレードする」をクリック。
あとは下の画像が出てきて3回ほど再起動してWin10になります。私の場合は1時間少々かかりました
気長に待ちましょうね。

・Win10の利用規約が表示されますので、順にクリックしていきます。

通知とライセンス条項Win10アップグレード
Win10の利用規約

途中、Win7で使用していたソフトがWin10では使えないなど、「次の作業が必要です」という画面が出てくる可能性があります。
その時は指示に従い、「確認」をクリックします。

その後も、再起動を繰り返しながら更新プログラムが進んでいきます。

Win10更新プログラムダウンロード画面
更新プログラムダウンロー中
Win10インストールに必要な作業中
インストール

いよいよインストールです!

Win10インストール中
Win10インストール中画面

再起動が3回ほどありました。1時間程かかりましたので、気長に待ちましょう。

プライバシーの設定はすべて「いいえ」です(笑)。

Win10デバイス認証画面
ダウンロードが成功すると設定画面になります

Win7のHome ver.だったのでWin10 home ver.がインストールされています

もちろんライセンス認証も自動でされています。安心安全の更新でした!

スポンサーリンク

Win10へ無料で更新!何も不具合がなく成功しました。

もう古いパソコンだし、買い換えるかあ、、と考えていましたが、無事Win10に更新して使い続けることができました。
最新のPCも一台持っていますので、何が起ころうと対応ができます。
ハードディスクはWin7のときにSSDに換装しています。もしHDDならば、SSDに換装することもおすすめしておきます。

起動などのスピードが全く違いますからね。

管理ネコ
管理ネコ

PC的には非力は非力ですが、動画編集をゴリゴリしなければ、まだ戦えるのではないかと考えます。まだだ、まだいけるぞ!って感じですね。

2020年の1月14日にサポートが終了するWin7。
もう使い続けるより、アップグレードをするか、買い換えるかを決断しましょう。
更新プログラムを実行するだけで、まだまだ使えるコンピュータになります。
また、最新のryzenなどのCPUを試してみるのも楽しいですよね!

タイトルとURLをコピーしました