お得に使おう!UQモバイルで無駄が省ける!

ブログ投稿ソフト open live writerを導入するとき困ったこと2点。

wp
この記事は約3分で読めます。
open live writers 設定できない

ワードプレスで記事を作成するとき、直接投稿ページで書き始めてもいいんですが、ネットに接続しておかなければなりませんよね?

しかし、常にネット環境にいるわけもないですし、オフラインで記事を作成するときに困ってしまいます。方法はいろいろありますが、その一つに無料で使える記事投稿ソフトOpen Live Writerがかなり使えることが分かりました(今更!です)。

しかし、ソフトをインストールするときと日本語パッチを設定するときに困ったことがありました。
一つがブログのアドレスを認識しないこと、そしてもう一つが日本語パッチを入れるときに、コピペする先のファイルが見当たらなかったことです。

解決策は単純でしたので、もし同じ症状で困っておられれば試してみてください!

スポンサーリンク




Open Live Writerのブログ設定時エラーがでる⁉

「Open Live Writer」さまざまなブログサービスに対応した記事作成・投稿ソフトのUWP版 – 窓の杜

無料のブログ投稿ソフトをダウンロードして設定するのですが、わたしはこちらのページをみてインストールしました。

Open Live WriterをインストールしてWordPressサイトに投稿するための初期設定

メインブログを設定するときは問題なかったのですが、追加で設定するときにエラーがでて進まなくなりました。

ブログタイプを選択し「xmlrpc.phpファイルへのURLパス」を設定するときです。

通常は「サイトアドレス/xmlrpc.php」でOKです。しかし、うまくいかなくエラーが出る場合が出てしまいました。

サブディレクトリ アドレス/wp にワードプレスをインストール

そう、サブディレクトリにインストールしていれば、後ろの「/wp」を入れてやらないとエラーになりました。

つまり、「サイトアドレス/wp/xmlrpc.php」と「/wp」をつけてください。

アドレス確認の仕方は、ログイン画面や管理画面のアドレスを確認してみてください。

これですんなり設定できましたよ!

スポンサーリンク

Open Live Writer 日本語パッチを入れる先のファイルがない???

これですね、、、。いくら探しても出てこない、。ダウンロードして解凍しているにもかかわらず、見当たらない、、、。

なぜ見当たらないのかな??と考えた結果、隠しファイルだろうと推測し、隠しファイルを表すようにしました。

日本語パッチの入れ方の紹介はこちら、【簡単】OpenLiveWriterの日本語化に成功したので、その手順を晒します。 | ベランダゴーヤ研究所 

を参考に進めました。

隠しファイルをみえるようにしよう!

これは簡単です。

openlive ファイル

エクスプローラーを開いて、上の表示をクリックし、隠しファイルにチェックを入れます。

これで先ほどまで見えなかったファイルが表示されるようになりました。

openlive 場所

これでOKです!app-0.6.2ファイル がありましたね!

スポンサーリンク

わかれば簡単です。日本語パッチを入れて使いやすくしよう!

わかれば簡単でしたが、けっこうここで躓く人が多いのではないでしょうか?
サブディレクトリにインストールしていたことも忘れていましたからね。初期に「/wp」の文字をサイトアドレスから削除した記憶を思い出しました。

みなさんもこの2点に注意して、どんどん記事を作成していきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました